本文へスキップ

ステップ話し方教室 大阪は あがり対策やスピーチなど「堂々として感じのいい話し方」を学ぶ教室

06-6241-0034 電話 メール

地下鉄 心斎橋駅 徒歩5分 長堀橋駅 徒歩4分

話し方Web講座(表情・視線)大阪市のステップ話し方教室 話し方Web講座(表情・視線)

表情・視線

☆ 口角を上げると、こんな いいことが!

(1)声の通りのいい、明るい、感じのいい声になる。

(2)表情がよくなり、いい顔になる。

(3)かつぜつがよくなる。

(4)あがりにくくなる。

(5)脳が活性化する。

口角を上げると、いいことがたくさんあります。
ただ、口角を上げながら話すのは、なかなか難しいです。
すぐにできる人は、少ない。

録音や録画でチェックして、練習が必要です。

☆ どんな表情で、話していますか?

表情1表情2表情3

表情をビデオで、チェックしよう

「気持ち」 が表情に出るのですが、表情筋がおとろえていると、①のように表情がとぼしくなります。
まず、②と③の表情をつくれるようにしましょう。

顔は遺伝ですが、表情は努力次第です。

表情がよくなると、声もよくなる

表情がよくなると、声も、感じのいい声になります。
表情と声が、同時によくなるから、その人の印象がまったく変わります。

自分の表情は、自分で見ることができません。
教室では、ビデオに録画して、話し方や表情のチェックをしています。

前の録画と比較すると、上達もわかります。(ビデオは、ご希望の方のみ)

☆ 口角を上げるトレーニング方法

口角が少し上がるだけで、顔の印象がよくなります。
同時に、声の印象もよくなります。

そこで、口角を上げるトレーニング方法です。

方法 ① 「うい、うい、うい ・・・」

 「う」は、ぎゅっと口をすぼめる。
 「い」は、口角を思いっきり引き上げる。
 くり返し言うと、表情筋が鍛えられます。

方法 ② 「ラッキー、ハッピー、ウイスキー ・・・」

 母音「い」で終わる言葉をくり返します。
 口角が上がり、口角を上げて話す感覚もわかります。

☆ スピーチの前に、笑顔になろう

合唱では、指揮者が面白いことを言うと、合唱団のみんなが笑います。
すると、口角が上がって、歌がイキイキします。

スピーチも本番前に、笑顔になると、話し方がイキイキします。

(1)そばにいる人と楽しい話をして、笑顔になろう。
(2)面白いことを考えて、笑顔になろう。

☆ 会話で、相手の目を見るのが苦手な人は

会話で、相手の目を見て話すことが、苦手な人は多いです。

相手の目を見るのが苦手な人は

   相手の目のまわりをぼんやり見ましょう。
   目と目の間を「ふわっ」と見るのです。

これは、一つの絵を眺める感じです。

相手の目を見るときの、緊張が少なくなり、柔らかな視線を送ることができます。

目のまわりをぼんやり見て、ここというところでは、黒目を見ます。

☆ 適当に視線を外して、うまく強弱をつけよう

人と話すときは、「相手の目を見て話す」がマナーです。

しかし、じっと目を見続けると、相手に圧迫感を与えます。
自分も緊張することがあります。

適当に視線を外して、うまく強弱をつけましょう。

視線の外し方

視線を外すとき、次のような印象を与えることがあるので、注意が必要です。

 横に外す   他に意識がいっている。拒否している。
 上に外す   「困ったな」という表情。バカにしている表情。

 下に外す   自然な視線の外し方。斜め下でもいい。

☆ 会話で、ここぞというときは、相手の目を

ふだんのおしゃべりなら、それほどアイコンタクトを気にしなくてもいいです。
しかし、説得する場面など、ここぞというときは、しっかりと目を合わせましょう。

信頼できる人かどうかの大きな判断材料になるのが、アイコンタクトです。

・ 自分の考えを伝えたいとき
・ 忘れてほしくないとき
・ 相手が、こちらの目を見ようとしているとき

こんなとき、しっかり相手の目を見ましょう。
力強いアイコンタクトは、相手に信頼感を与えることができます。

目を見るのが苦手なら

目を見るのが苦手なら、相手のまつげを見ましょう。
まつげを見ても、力強い視線になります。

☆ 会話やスピーチで、相手に視線をまっすぐに送る

(会話)
 相手に誠意をあらわすときは、相手に正対して、視線をまっすぐに送ること。

  ✕ 首だけ向ける
  ✕ 上目使い、上から見下ろす、横目など、目だけ向ける

(スピーチ)
 聞き手の一人ひとりと目を合わせるだけでなく、体ごとその人に向きます。
 その人は、自分に話していると思います。
 聞き手の一人に正対すると、インパクトがまったく違います。

☆ スピーチで、視線の配り方がわからなければ

スピーチで、視線の配り方がわからなければ、「ワンセンテンス・ワンパーソン」から始めてください。

一人を見て一つの文を話し、別の人を見て次の文を話します。

これが、基本になる「ワンセンテンス・ワンパーソン」です。


基本は大事ですが、ずっとこれですると、機械のようになって不自然です。
慣れてきたら、適当に変化をつけましょう。

 1人の聞き手を見る時間  3~5秒が目安

  短すぎると、語りかけている感じがしない
  長すぎると、お互いがつらくなる

☆ スピーチやプレゼンで、視線を外すところ

スピーチやプレゼンは、聞き手の一人ひとりと目を合わせることが大事です。
しかし、ずっと一人ひとりと目を合わせるわけではありません。
視線を外すところもあります。

 しっかり視線を合わせるところ

 ・ 大事な部分
 ・ センテンスの最初と最後
    とくに、センテンスの終わり「。」のところで見るのが大事です。
    そこで、「内容を理解しているか」の聞き手の反応を見ます。

 視線を外すところ

 ・ 「頭の中の映像を見るとき」や「資料を見るとき」「考えをまとめるとき」

バナースペース

ステップ話し方教室

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-11-12
アオヤマビル2階B号室

06-6241-0034 電話 メール

話し方コース(継続)テキスト

Q&A