本文へスキップ

ステップ話し方教室 大阪は あがり対策やスピーチなど「堂々として感じのいい話し方」を学ぶ教室

06-6241-0034 電話 メール

地下鉄 心斎橋駅 徒歩5分 長堀橋駅 徒歩4分

話し方Web講座(ジェスチャー)大阪市のステップ話し方教室 話し方Web講座(ジェスチャー)

ジェスチャー

☆ ジェスチャーで、話し方がよりレベルアップ

ジェスチャーがうまく使えると、会話やスピーチ、プレゼンがよりレベルアップします。

ジェスチャーを使うとジェスチャーの女性の図
● 視覚的にも伝えることができる。
● 熱意のある話し方ができる。
● 緊張がほぐれる。

ジェスチャーは2種類ある
① 視覚的に伝えるジェスチャー
  「重要な点が3つ」と言って、指を3本立てる。
  「マラソン大会で走る」と言って、走る格好をする。
  「広い範囲から」と言いながら、両手を左右に広げる。

② 小さな縦の動きをするジェスチャー
  声に強弱、緩急、高低をつける。
  間では、手が止まる。

2種類のジェスチャーを組み合わせることもあります。

ジェスチャーに決まった形はありません。
テレビを見て、いろいろなジェスチャーを参考にしてください。

日常会話でジェスチャーを入れて、練習しましょう。
そのうち、自然にできるようになります。

☆ 基本は、言葉とジェスチャーを同時にする

(例 指を3本立てて「重要な点が3つあります」と言う場面)3本指の図

(○)言葉とジェスチャーが同時

  「言葉とジェスチャーが同時」が基本です。
  「重要な点が」の後、3本の指を示すと同時に「3つあります」と言うのは、インパクトがあります。

(○)ジェスチャーが先で、言葉が後

  「重要な点が」の後、3本の指を示して少し「間」をとってから、「3つあります」と言います。
    ジェスチャーが先で、言葉が後は、非常に強いメッセージになります。

(×)言葉が先で、ジェスチャーが後

  「重要な点が3つあります」と言ってから、その後3本の指を示すのは、やってはいけません。
   ジェスチャーを忘れて後から出すと、こうなります。

3本の指を示したら、約3秒止める

 「重要な点が3つあります」とジェスチャーを出したら、そのまま約3秒止めます。
 このジェスチャーは、約3秒止めるのが基本です。

☆ 熱意を伝えるには、ジェスチャーを使う

ジェスチャーの効果には、「熱意が伝わる」もあります。
じっとしたままでは、熱意が伝わりません。

スティーブ・ジョブズのプレゼンから「熱意」を感じるのは、1つは大きなジェスチャーです。
ジェスチャーの男性の図

☆ ジェスチャーを使うと、脳の動きがよくなる

実験科学者は、よく次のように言います。

 「実際に手を動かして実験をすると、アイディアが生まれてくる。
  実験の現場を離れると、アイディアが浮かばなくなる」

指や口を動かしながら、何かをするほうが、考えが浮かんだり覚えやすくなったりします。
英語を覚えるのも、書いたりしゃべったりしたほうがよく覚えられます。
手や口を動かすと、脳も動くのです。

話すときも、ジェスチャーを使うほうが、脳の動きがよくなります。


バナースペース

ステップ話し方教室

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-11-12
アオヤマビル2階B号室

06-6241-0034 電話 メール

話し方コース(継続)テキスト

Q&A