本文へスキップ

ステップ話し方教室 大阪は あがり対策やスピーチなど「堂々として感じのいい話し方」を学ぶ教室

06-6241-0034 電話 メール

地下鉄 心斎橋駅 徒歩5分 長堀橋駅 徒歩4分

話し方Web講座(かつぜつ)大阪市のステップ話し方教室 話し方Web講座(かつぜつ)

かつぜつ

☆ かつぜつをよくする方法

(1)口や舌の筋トレをする。

(2)腹式呼吸で、呼吸量を増やす。

(3)口角をあげる。

口や舌の筋トレ

かつぜつの悪い人は、かつぜつ練習文や母音練習文で、口や舌の筋トレをしましょう。
口や舌を少しオーバーに動かして、ゆっくり、はっきり発音します。
舌も、正しい位置があります。

これは、あくまで、かつぜつのための練習です。
実際に話すときは、口を大きく開けすぎると、発音しにくく、見た目もよくありません。

☆ 発音は、母音が一番重要

発音の基本は、母音「あいうえお」

 日本語は、「ん」以外、すべての音が「あいうえお」の母音で終わっています。
 母音は、「あいうえお」の5個しかありません。
 日本語の発音は、母音が一番重要です。

口の形は、5種類しかない

 日本語を発音するとき、口の形は、「あいうえお」の5種類しかありません。
 母音がきちんと出ないと、ほかの音が出ません。
 母音の発音がよくなると、五十音すべての発音がよくなります。
 アナウンサーの養成期間でも、毎日「あいうえお」の練習です。

母音の発音練習発音練習の図
 あいうえお
 いうえおあ
 うえおあい
 えおあいう
 おあいうえ

☆ 母音だけの練習で、かつぜつがよくなる

日本語は、子音と母音(あいうえお)からできています。

 おはようございます
 OHAYOUGOZAIMASU

   ↓ 母音だけにする

 おあおーおあいあう

母音をきちんと発音すると、明瞭になります。
母音だけを発音してから、子音をつけて言うと、きれいな発音になります。
いろいろな言葉で、練習しましょう。

 おあおーおあいあう
   ↓ 子音をつける
 おはようございます

 あいあおーおあいあう
   ↓ 子音をつける
 ありがとうございます

☆ 母音をしっかり出せないと、正しく発音できない

 愛のある挨拶 AINOARUAISATU

RUの母音Uをしっかり出さない人がいます。
日本語は、母音をしっかり出せないと、正しく発音できません。

早口は、母音が弱くなりやすい

早口になると、母音が弱くなりやすいです。
母音が弱くなると、聞き取りにくくなります。

☆ かつぜつが悪くなる原因

①唇や舌の筋肉が弱い。
 いつも口先だけで話したり、話すことが少ないと、唇や舌の筋肉が弱くなります。

②呼吸が浅い。

③母音の発音が正しくない。発音するときの舌の位置が違う。姿勢の図

④姿勢が悪い。
 姿勢は、基本的なことですが大事です。

☆ かつぜつの悪い人は、舌や口の筋トレをしよう

かつぜつの悪い人は、子供のときに、口を大きく開け、大きな声で発音したということがあまりありません。
かつぜつをよくするには、口を大きく開け、大きな声ではっきり発音する練習が必要です。

口を大きく開けて発音する練習は、かつぜつをよくするための筋トレです。
舌や口がなめらかに動くようになれば、口を大きく開けなくても、正しく発音できます。

かつぜつ練習の図

☆ 日本語と英語では、舌や口の使い方が違う

日本語

 舌や口をあまり動かさなくても、発音できる。
 口先だけで、発音できる。
   ↓
  かつぜつが悪くなる。
  口の奥がせまくなり、声が細くなる。
  表情筋が弱くなり、表情が乏しくなる。

英語

 舌、唇、口を活発に動かして、発音する。
   ↓
  話しているだけで、舌や口の筋トレになる。

バナースペース

ステップ話し方教室

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-11-12
アオヤマビル2階B号室

06-6241-0034 電話 メール

話し方コース(継続)テキスト

Q&A