本文へスキップ

ステップ話し方教室 大阪は あがり対策やスピーチなど「堂々として感じのいい話し方」を学ぶ教室

06-6241-0034 電話 メール

地下鉄 心斎橋駅 徒歩5分 長堀橋駅 徒歩4分

話し方Web講座(スピーチ・プレゼン)大阪市のステップ話し方教室 話し方Web講座(スピーチ・プレゼン)

スピーチ・プレゼン

☆ スピーチの練習で、伝える力がつく

スピーチの練習で、言いたいことをまとめる力がつきます。
要点をまとめて、わかりやすく伝える力は、仕事でもプライベートでも、とても大切です。
スピーチは、伝える力の練習の場です。

☆ 言葉にすることで、考えがまとまっていくスピーチをする女性の図

言葉は、伝えるための道具だけでなく、考えるための道具でもあります。
思考と言葉は、切り離すことができません。

言葉がなければ、深く考えることはできないのです。

まず、言葉にしてみます。
思いついたことを言葉にするのです。

最初は、形になっていなくても、言葉にすることで、考えがまとまっていきます。
だんだん話す内容が姿をあらわします。

☆ 短いスピーチの練習を続けると?

(1)簡潔に話せるようになる。
   必要な情報と不要な情報を見分ける力がつくから。

(2)長いスピーチもうまくできるようになる。
   長いスピーチは、短いスピーチが集まったものだから。

(3)アドリブで話せるようになる。
   ネタの引き出しが増えるから。

(4)会話もうまくなる。
   スピーチは、大勢の前でする「1対1の会話」だから。

☆ 人前は、少し高めの声で話そう

人前で話すときは、ふだんの声の高さではいけません。
人前は、高めの声のほうが、話を聞いてもらえるのです。

 人前で、ふだんの声の高さでも、聞いてもらえるのは
      ↓
 聞き手が「聞きたい」と強く思うときだけ

人前は、少し高めの声で話しましょう。
具体的には、「ソ」の音まで使います。

これは、自分の音階での「ソ」。
つまり、出しやすい高さでの「ドレミファソ」の「ソ」です。
「ソ」の音まで使うと、イキイキとした印象になります。

ふだんの声の高さはそのままで、人前は少し高めで話すのです。

☆ 音域が狭いと、つまらない話に聞こえる

脳は、高い声に強く反応します。
音の高低差が少ない話し方は、単調に聞こえます。

スピーチやプレゼンは、文の頭を高い音で出て、音域を広げましょう。
高く出ると、文の頭ということがよくわかります。
強調したい言葉は、高い音を使っているかどうか。

音域が狭いと、いい話もつまらない話に聞こえます。

☆ スピーチは、大勢いても、1人に話そう

朝礼でスピーチをする図

大勢の前で話すとき、2つの話し方があります。

① 大勢に話す
② 大勢いても、1人に話す

有名人は①でもいいのですが、そうでなければ、②がいいです。

1人に話すと、相手の反応がわかります。
反応がわかると、話しやすいし、気持ちが乗ります。
1対1のキャッチボールを、相手を変えながらするイメージです。

50人いても、500人いても、意識するのは1人です。

☆ スピーチは、話しかけるように話そう

スピーチは、話しかけるように話しましょう。
聞き手との距離が近くなります。
しかし、話しかけるのは、簡単ではありません。

一度、語尾に「ね」「よ」をつけてみましょう。
話しかける雰囲気をつかむことができます。

 「これをつけると、話しかけになっていきます」
      ↓
 「これをね、つけるとね、話しかけにね、なっていくんですね」

これは、あくまで、雰囲気をつかむための練習です。

「ね」「よ」をつけすぎると、失礼になることがあります。

☆ スピーチの上手な人は、息をゆっくり吸える

スピーチは、誰でも緊張します。
緊張すると、呼吸が早くなります。
呼吸が早くなると、早口になります。

だから、スピーチは、呼吸をゆっくりさせる必要があります。
とくに、息を吸うときにゆっくりです。

スピーチが上手かどうかは、息の吸い方でわかります。
スピーチの上手な人は、息をゆっくり吸うことができるのです。

☆ 腹式は、胸式より、呼吸のリズムをゆっくりできる

腹式呼吸は、腹圧をかけるので、胸式呼吸より、呼吸のリズムをゆっくりできます。
息を吸うのもゆっくりできるので、長い「間」もとれます。
腹式呼吸のほうが、落ち着いた話し方ができるのです。
笑顔でスピーチをする図

☆ スピーチをわかりやすくするには?

(1)具体的に話す。
   具体的に話すと、イメージしやすくなります。
     犬 ⇒ チワワ ⇒ 茶色のチワワ

(2)センテンス(文)を短くする。
   話をするときは、文がダラダラ続くと、聞き手が理解できません。
   1センテンス1情報が、もっとも理解しやすいです。

(3)感情を出す。
   淡々とした一本調子の話し方では、聞く気がしません。
   声に変化をつけましょう。

☆ スピーチは、「くり返し」が大切

書くとき ⇒ 通常は、「くり返し」を避ける
       
 (理由)何度も読み返せるから
       
話すとき ⇒ 「くり返し」が大切
       
 (理由)言葉が消えるから
     聞き手が、聞いていないときがあるから

ラクに聞けるように、くり返す

聞き手は、話を聞くときに一語も聞き逃せないとなると、ヘトヘトに疲れてしまいます。
ラクに聞けるように、重要なことやわかりにくいことは、くり返して話す必要があります。

☆ いいスピーチでも、書くとあまり文章になっていない

いいと思ったスピーチでも、紙に書くと、文章がおかしいところがあります。
きっちりしていないのです。
それに、レベルが低く感じます。
これが、話しことばです。

このようなことばでも、話すと自然に聞こえます。
スピーチは、耳で聞いてよかったら、いいスピーチなのです。

☆ 場面が浮かぶと、話に引き込まれる

書いた文は、抽象的な言葉でも、時間をかけて想像することができます。
聞いているときは、そんなゆっくりした時間はありません。
話し手は、すぐに絵が浮かぶ、場面が浮かぶように話すことが大切です。

  ロシアの有名な演出家 スタニフスキーの言葉
   「話すということは、相手の心に絵を描くこと」

「言葉で絵を描くように話す」とよく言います。

その場の情景が浮かぶように話すと、聞き手は話に引き込まれます。

☆ 相手の心を動かすには、感情を込めて話す

聞く気をなくす話し方スピーチをする男性の図

① 読み調子・一本調子
② 感情がこもっていない
③ 熱意が感じられない

感情を込めて、話しましょう。
うれしいときはうれしそうに、悲しいときは悲しそうに、驚いたときは驚きながら、話します。

気持ちが入ると、熱意が伝わり、相手の心を動かすことができます。

☆ スピーチは、最初にテーマを決めておく

話をわかりやすくするには、最初にテーマを決めておきましょう。
テーマ(自分が一番言いたいこと)を決めていないと、言いたいことがはっきりしません。
そのテーマを意識して話すのです。

広い範囲のテーマにすると、何を話していいのか、わからなくなります。
「話にする」のが、むずかしくなります。
そのために、テーマを絞ります。

テーマを絞ると、話しやすくなります。

  「健康について」   → 「健康のために、毎日歩いている」
  (× 広すぎるテーマ)  (○ 絞られたテーマ)

☆ スピーチで、テーマから離れた話題を入れてもいいか?

スピーチで、「これも話したい」と、テーマから離れた話題を入れる人がいます。
テーマから離れた話題は、脱線です。
脱線してもいいのでしょうか。

脱線とわかれば、問題はありません。
聞き手が脱線だと思わないときが、問題なのです。
「これは余談です」というような断りがあればいいのです。

☆ 同じスピーチをキーワードをもとに、何度もしよう

スピーチは、ライブ感が大事

スピーチで大事なことは、ライブ感(そのとき出てきた言葉)です。
原稿の丸暗記では、ライブ感がなくなります。
スピーチは、キーワードをもとに、ふだんと同じように話すのです。

ジャズのアドリブのようにスピーチする

話がうまい人は、同じスピーチを何度でもできます。
言葉は変わりますが、キーワードをもとに、何度でも話せます。
同じスピーチをジャズのアドリブのように話せるのです。

☆ 「間」を使い分けよう

了解を求める「間」
 話し手が、話をわかってもらうために、聞き手に了解を求める「間」。

   「ここまで、よろしいでしょうか?( 間 )」

余韻を与える「間」
 自分の感動を、相手にわかってもらうときに使う「間」。

   「スランプから金メダル。よく頑張りましたねえ( 間 )」

想像させる「間」
 「このあと、どうなる?」と、聞き手に想像させる「間」です。

   「ガシャン( 間 ) ひゅーーー カメラが オリの中へ ~~ 」

注目を集める「間」
 「しかし、何?」と、聞き手の注目を集めることができます。

   「その方法はよくないという声もある、しかし( 間 ) ~~ 」

   「 ~ 声もある。( 間 )しかし」よりも、インパクトがあります。

同意を求める「間」
 聞き手に同意してもらうための「間」。

   「今日から、3月ですね。( 間 )~ 」

考えさせる「間」
 聞き手に質問して、考えさせる「間」。

   「もし、宝くじで、1億円当たったら、どうしますか?( 間 ) ~~ 」

☆ ビデオカメラや鏡の前で、スピーチの練習をしよう

録画すると、自分のスピーチを客観的に確認できます。
表情・態度・身ぶり手ぶりなどもよくわかります。
聞き手から見た自分の話し方がよくわかります。

もっと手軽な方法は、鏡の中の自分に話すことです。

自分のスピーチを見るのは、最初は、恥ずかしく感じます。
しかし、だんだん慣れていきます。
この練習で、自然に話せると、本番でもうまく話せます。

☆ スピーチを覚える効果的な方法

① 全体を何度もくり返して、覚える。
   軽く覚えて、短時間で、全体を何度もくり返したほうが効率的です。

② 口に出して、覚える。
   口に出すと、記憶に残りやすいです。

③ 体を動かしながら、覚える。
  歩きながら、手を動かしながらなど、体を動かすと脳が刺激されて効果的です。

④ 寝る直前に、覚える。
   脳は、寝ている間に、覚えたことを定着させます。
   覚えた後、携帯やテレビなどを見ずに寝ること。

☆ 強調は、プレゼンやスピーチの重要なテクニック

強調とは、大事なことばを際立たせるテクニック。
プレゼンやスピーチで、重要なテクニックです。

強調のテクニックを使うメリット

(1)大事なことばを際立たせることができる。
(2)メリハリ(変化)がつくので、話し方が単調にならない。

桜の図

いろいろな強調のテクニック

 例文
  「吉野の桜は、今満開です」

  ここでは、大事なことばを「満開」にします。

① スピード(緩急)プレゼンをする男性の図
  「満開」をゆっくり言う。

② 高低
  「満開」を高い声で言う。

③ 強弱(大小)
  「満開」を強く言う。

  逆に、声を小さくすることもある。

④ 間をとる
  「満開」の前で、間をとる。
    「吉野の桜は今 (間)満開です」

  「満開」の前後でとると、より強調される。

⑤ くり返す
  「満開」をくり返す。
    「吉野の桜は今満開、満開です」

⑥ ジェスチャーをつける
   たとえば、「満開」のところで、両手を大きく広げる。

これらのテクニックは、よく組み合わせて使います。
強調をやりすぎると、わざとらしくなることがあるので、注意が必要です。

バナースペース

ステップ話し方教室

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-11-12
アオヤマビル2階B号室

06-6241-0034 電話 メール

話し方コース(継続)テキスト

Q&A