本文へスキップ

ステップ話し方教室 大阪は あがり対策やスピーチなど「堂々として感じのいい話し方」を学ぶ教室

06-6241-0034 電話 メール

地下鉄 心斎橋駅 徒歩5分 長堀橋駅 徒歩4分

話し方Web講座(話術を習得するには)大阪市のステップ話し方教室 話し方Web講座(話術を習得するには)

話術を習得するには

☆ 頭でわかっても、体はすぐにはできない

スポーツの技術は、頭でわかっても、体はすぐにはできません。
話し方の技術も、知識だけでは、できるようになりません。

 「知る」 「わかる」(知識を得る)≠「できる」(技術を身につける)

  (例)スマホを見れば、自転車の乗り方がわかる。
     しかし、それだけでは、実際に乗ることはできない。

技術の習得には、ある程度の練習量が必要

 試験の勉強 ⇒ 一夜漬けができる
 技術の習得 ⇒ 一夜漬けができない
自転車の図
スポーツも話し方も、技術を身につけるには、反復練習です。
それも、ある程度の練習量が必要です。

☆ 脳は、1度に1つのことしか考えられない

スピーチでは、やらなければいけないことがたくさんあります。
話す言葉を考える、声を届かせる、言葉をはっきり話す、大事な言葉を立てる、聞き手の反応を見る、時間におさめるなど、たくさんあります。

ところが、脳は、1度に1つのことしか考えられません。

では、スピーチでできるようにするには?

練習をくり返して、体で覚えること。
自転車のように、体が覚えるまで、くり返しの練習をするのです。

☆ 場数を踏むと、トラブルに対応できる

場数を踏むと、話すことを忘れても、適当にしゃべって、対応できるようになります。
他のトラブルがあっても、あわてず冷静に切り抜けることできるようになります。

場数がすべてではありませんが、場数は大事です。

☆ スピーチでの場の「空気」は、聞き手によって変わる

スピーチでの場の「空気」は、その時その時で変わります。
聞き手によって変わるのです。

「空気」を読むのも、場数が大事

場数を踏むと、場の「空気」に対応できるようになります。
聞き手とのキャッチボールは、スピーチすることで学んでいくのです。

☆ 自分に合う笑わせ方がわかると、笑いをとりにいける

スピーチに、笑いはあったほうがいいです。
ただ、笑わせ方は、自分に合うものと合わないものがあります。

場数を踏んでいると、こんな話やこんな話し方をすると、笑いが起きるということがわかってきます。
自分に合う笑わせ方がわかると、笑いをとりにいけるようになります。

☆ 上達は、あるとき、突然やってくる

階段の図
上達は、坂道を一直線にのぼるようにはいきません。
一直線ではなく、階段状です。
踊り場もあります。

話し方の上達も同じです。

 ① 練習しただけ、上達が感じられる時期
 ② 練習しても、上達が感じられない時期「踊り場」

上達は、①と②がくり返されます。
上達が目に見えなくても、いずれ目に見えるときがきます。
②は、次のステップに上がるための準備期間です。
練習しても、うまくならないからといって、簡単にあきらめないように。

☆ 話術は、体で覚える記憶

記憶は、2種類あります。
話し方の技術は、体で覚える記憶です。

① 頭で覚える記憶(一般的に「記憶」と呼ばれる)

  ・ 内容を言葉で表現できる。
  ・ 頭だけで覚えられて、一度でも覚えられる。
  ・ 一度覚えても、かなり忘れる。

② 体で覚える記憶

  ・ 内容を言葉で表現するのがむずかしい。
     スポーツ、自転車、演奏など、体が感覚的に覚える記憶です。
  ・ 体で覚えるには、くり返しの練習が必要。
  ・ 少しずつではなく、ある日突然、できるようになる。
  ・ 一度しっかり覚えると、なかなか忘れない。
     40年ぶりの自転車でも乗ることができます。

☆ 話術は、失敗をくり返すうちに、体が覚える

話術は、失敗をくり返すうちに、体が覚える

・ 自転車なら、初めは頭で乗りこなそうとして、失敗ばかりします。
  何度も失敗をくり返すうちに、体が覚えて、何も考えなくても乗れるようになります。

・ 話すのも同じです。
  いくつもの話し方の技術を、同時に頭でするのはむずかしいです。講義をする女性
  しかし、体が覚えるとできるのです。
  自転車のように、体が覚えるまでくり返しましょう。

☆ 頭の中で話すのでも、体は話術を覚える

「体で覚える」は、「小脳が記憶する」とわかってきたそうです。
何も考えずにできるのは、小脳が覚えているから。

漢字を何回も書くと、手が覚えて、勝手に手が動きます。
小脳が、あるいは、大脳と協力してやっているようです。

また、イメージするだけでも、小脳が非常に活動するそうです。
頭の中で話すイメージトレーニングでも、体は話術を覚えるのです。

バナースペース

ステップ話し方教室

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-11-12
アオヤマビル2階B号室

06-6241-0034 電話 メール

話し方コース(継続)テキスト

Q&A